離婚したときに眠らないでください

婚活するという意志があるんだから

●私たちが有意義な休暇を選ぶためのこの休暇の真の意味は何ですか?今年はどのように祝われるべきですか?私たちは、個々に成長した家族でこの休暇をどのように祝ったのですか?●どのように私たちはそれぞれ自分自身を若返らせ、自分自身を若返らせますか?これらの儀式の意義は何ですか?●私たちが病気になったとき、どんな儀式がありますか?成長している家族の状況はどうなっていますか?私たちの家族で何をすべきか?社会学者のウィリアム・ドハーティは、家族関係における儀式の重要性を強調し、彼と妻のリーアは夕食後にコーヒーを飲む習慣を作り、コーヒーを飲んでいる間に話し、子供たちは遊んでいた宿題をしている。夕食後、家庭内での連絡は衛生儀式で完了し、ウィリアムはコーヒーを浸してリビングルームの指輪に持って行きました。下のヒントにしたがって作成し、子供の不在を大切にしている2人のための週末のアポイントメントを構築し続けることができます。勝利を祝う。小さな成果を祝い、結婚に誇りと賞賛の文化を創ります。不運、欲求不満、疲労または疲労に関する式典。どのようにあなた自身をサポートし、あなた自身を治療し、若返りますか?グループの他人を気遣うことや、気にする人たちに扉を開けることなど、友人を楽しませるためのグループ儀式。それは、愛を作り、これらの儀式について話す儀式を含んでいます。これは、誰もが疲れたときに終わりを迎えます。カップルは頻繁に愛を作ることは自発的でなければならないと考えています。夫婦はこれを詳しく説明したくないのですが、最高のセックスがリコールされる限り、ベストタイムは通常は求愛中です。まさに何を着用するか、どの香水を使用するのか、どこに行くのか、このロマンスとセックスは慎重に設計する必要があります。

婚活を害し幸せな

  • 結婚の中心に入ります防衛
  • 婚活に同意します懸命に働き
  • 仮面夫婦になった


夫婦の夫にアピールしないと想像することはさらに困難であり


結婚することを望まず

セックスの面白さや話題が改善する必要がある場所について話すときは、これらの話題、夕食後の音楽、夕食後の飲み物について話すことができる儀式を作成する必要があります。お互いの感情を傷つけることはありません。親戚や友人に関係する儀式のために、ある種の式典や集会を計画することができます。定期的な誕生日や、あなたにとって重要な休日や記念日などの特別なイベントのための儀式。卒業式、結婚式など、議論する価値のある重要な式典もあります。人生における役割この世界における私たちの立場は、夫、妻、子供、両親、そして様々な職種の職員のさまざまな役割に大きく依存しています。私たちが結婚に入った頃から、自分と配偶者の役割についての私たちの見解は、二人の関係をより意味深く、調和のとれた、あるいはより緊張させるでしょう。

結婚にとても満足していて

●なぜパートナーが些細なことでいつも困っているのか理解できません。●、パートナーと子供について常に不注意で、仕事上の困難を考えたり、テレビ番組に気を散らしたりしていないことが分かります。●パートナーが話すとき、いつも気難しくない、または面白いと感じます。●セックスしているとき、もはや情熱に満ちておらず、パートナーに元の興味を失います。上記の感情のすべては、各人が多かれ少なかれ経験したと信じていますが、それぞれが男性の集中型認知モードによって引き起こされます。1つの心で物事をすることができない場合は、良いことも悪いこともありません。性別間の関係の管理は有害でなければならない。この認知モデルに関しては、何もうまくいくことはできませんが、集中しすぎていると、他の人のニーズは無視されます。したがって、集中型認知モデルが発散型認知モデルとのバランスで発達しない場合、男性はパートナーの声を聞くことによって注意を広げることができることが分かる。


結婚生活が徐々に彼女の情熱を失ったと感じ

結婚の肯定的な側面を知っており

パートナーに気持ちを書き留めてもらいたいかもしれませんが、聞き取りに集中するように予定してください。一部の男性は通常、働き過ぎるように注意を払っています。このようにしても、夫婦は耐え難いと感じます。これを理解し、プレッシャーに耳を傾け、パートナーの心に耳を傾ける時間を取ることを考えなければなりません。これを減らすために、パートナーや家族にもっと貢献する必要があります。愛情のある年齢の愛が簡単に恋に落ちないようにする愛のおとぎ話を実現するために、あらゆる愛好家のペアが愛と人生の融合を緩和するのは難しいです。しかし、一緒に行く日が長くなるにつれて、お互いを許容する期限が短くなり、お互いの死を見守る習慣はすでに固定されています。そのような人と一緒にいることは単なる負担であると感じています。アリエルとアーノルドは3年間結婚していましたが、ある日、アリエルと彼女の食事があったとき、夫婦は話すことができませんでした。


誘惑とセックスの罠指輪は夫婦はいつも会うことができず

私は私の心に疲れてしまった。私がアーノルドと一緒だった時、親密な抱擁さえも省略された。私はちょうど結婚したとき、私がアーノルドの腕をとって公園を歩いたとき、私たちが叱っていた夫と夫を見て、私たちは嫉妬深い目を羨ました。一緒に、私たちはこれもやらなければならないと信じています。しかし、結婚3年だけ、私はこの気持ちが非常に貧しいと感じ、さらに早期閉経のように感じる。私がそれを考えたらすぐに指輪は少し怖かった。指輪にとって、人生はもはや長い間情熱的ではありませんでした。多くの人が似たような経験をしていますが、夫婦は自分が鈍いと平らであることを自分自身に確かめようとしますが、ミラーの危機に直面すると、心はゆっくりとグレーに変わり始めます。